解説文中の表具関連業界に特有の符丁や用語は、ご理解の一助となるよう別に説明しています。これも当該項目をクリックして、ご覧下さい。

作品 紙本拓本作品、画仙紙全判(2点)。
仕立 五尺二曲屏風半、新装。
ご依頼主 西方寺 様(枚方市)
 韓国でもとめられた飛天の拓本を屏風装しました。大縁には綾地の正絹緞子を使用。文様は小柄の唐花唐草です。屏風の大縁には古来、錦が用いられることが普通でした。なお、今日でも金襴仕様の屏風装はあまり行いません。
 には黒の艶消し塗を使用しています。寺院の什物としての屏風ですので黒の艶有り椽でもよかったのですが、作品と調和させるため、あえて艶消しを選定しました。

作品 刺繍作品。
仕立 四尺二曲屏風半、改装。
ご依頼主 M 様(大阪市中央区)
 以前は額装されていたのですが、屏風に改装したいとのご意向です。作品の構成上、真ん中で作品を切り分けることができないので、向かって左側の作品のみ幅を縮めざるをえません。
 そこで片袖屏風(二曲で片側が幅の違う屏風)も提案したのですが、ご依頼主のご意向により、作品を画面右上に寄せた屏風装を行いました。作品台にしたも、ご本人が選ばれています。

作品 日本画作品。
仕立 四尺六曲屏風一、修復・改装。
ご依頼主 K 様(吹田市)
 ご依頼主のお父様が大切にされていた屏風。改装前はほとんど全ての紙番が切れており、作品にも擦れや破れが数十ヶ所見受けられました。  
 決して予算的なことではありませんが、や下地はそのまま使用して欲しいとのご意向で、角金具も一部欠損があったものを復元し、全体の調子を揃えるため、全ての金具の鍍金を古美色で仕直しました。  
 大縁には、思い入れのおありになるお手持ちの帯を使用して欲しいとのこと。その帯は小菱文が現された藍地木綿の豊後絞り。少し違和感があるかなと感じたのですが、椽を塗り直して取り合わせると、なかなかの出来映えです。  
 保管箱には杉材が使用され、紙貼されていましたが、紙を一部剥がしてみると内側に「明和七年」と墨書されていました。おそらく、この屏風の制作年は江戸時代中期なのでしょう(下写真参照)。
 この保管箱に貼られた紙は虫害でかなりの部分に穴が見受けられました。ですから、すべて一度剥がしてしまって、新たに箔下間似合と呼ぶ紙を内側に貼り廻しました。間似合は別名「泥入り鳥の子」とも呼ばれるように微細な石粉を漉き込んだもので、虫害に極めて強い紙です。

作品 日本画作品、紙本(画仙紙聯落)。
仕立 五尺六曲屏風一、修復・改装
ご依頼主 Y 様(奈良市)
 ご子孫に残すため、与謝蕪村筆の屏風を修理・改装して欲しいとのご依頼です。作品は虫害により、ところどころ穴があき、また紙番も何カ所か切れていました。
 元通りに戻すことがご依頼の条件です。作品の虫食い痕は、紙繊維を染めた紙素を用い「漉き填め」作業によって極力目立たなくしました。
 には本桑材が使用してあり、これらは洗い作業の後、元はそうであったであろう色に染め直しました。地貼は本金の箔押し。これは元の地貼が傷んで使い物にならないことから、新調いたしました。大縁には小牡丹唐草文様の繻珍が使用されていたことから、似た文様で地色が近い繻珍を取り合わせています。なお、表具で用いる繻珍裂は正絹緞子の中でいえば高級品の一つです。
 裏貼には、元がそうであった紺地の絹を使用しました。

作品 舞台用金屏風
仕立 八尺六、張替。
ご依頼主 国立文楽劇場 様(大阪市中央区)
 舞台で頻繁に利用される金屏風の貼替を依頼されました。大きさは8尺丈(約243p)の見応えのある屏風です。
 こうした舞台やホテルで用いる屏風は、いわば業務用であり、短いサイクルで貼り替える必要が生まれます。ですから、予算によっては簡易な下貼とするのですが、ここまで大きなものになると簡易なものにすれば耐久性に難が生じ、かえって不経済です。
 下の写真は貼り加工の途中段階のものですが、向かって左側に写っているのは下貼の最終工程である「浮け張り」を施したところです。金箔紙は右側に見るように、この上から貼ります。
 なぜ、こうした浮け張り工程が必要なのかといいますと、浮け張りには上貼と下地を離す、すなわち浮かすことにより、下地の粗を目立たせないという鑑賞上の目的があるからです。また、上貼の補強を行い、さらに裏打と同様の効果を期待して上貼の剛体化を図り、保存性を高めるという目的もあります。浮け張りは必要によって2回、3回と施します。
 さて、この場合は2回浮けを行っています。そして、写真に見る上(2回目)の浮けは手漉きの和紙を使っています。通常、浮けはあえて小さく、タテにも継いで掛けるのですが、この場合はヨコ方向には継がず、下地幅いっぱいに掛けています。
 これはタテ継ぎ線が入ると、特にこのような金屏風の場合、表面に浮け紙の継ぎ重ねた段差が現れやすいからです。
 屏風や襖の伝統的な下地には、このような経験技術がたくさん活かされています。

作品 絹本竪物、小品。
仕立 四尺六曲屏風一、修復・張替。
ご依頼主 Y 様(東大阪市)
 当社がホームページ開設後、初めて成約した記念すべき第1号の仕事です。最初は写真を添付したメールでお問い合わせいただき、その後メールと電話で数回の打合せを行った後、見積のためご自宅にお伺いいたしました。
 お住まいは旧家で、「代々伝わっている屏風なので私の代で何とか修復して次代に残したい」とのことです。確かに初めて拝見した際には、この屏風はボロボロになっていたのですが、幸いなことに本紙の傷みが少なかったことから、比較的リーズナブルな料金を提案できました。
 とはいっても、元あったようにというご意向でしたので、地貼には本金箔紙が使用されていたことから、値は嵩んでしまいます。代案として洋金箔(本金箔の代用品)でのお見積も提案したのですが、ご検討された後、やはり本金箔での仕様に決められました。
 というのも、50代半ばのご主人がおっしゃるには「私の父が、この屏風を修理した記憶がないと言っていた」ということで、「向後、何十年も保たせなければならない」と考えられたからです。
 その後、幾度か額や衝立の修復をさせていただきました。いずれも最初の仕事が丁寧なものだったので、仕事がしやすく、その分料金も比較的お安く提供できました。

 

このページを閉じる