この用語解説は、本文の説明のために付しました。
一部、加筆したところはありますが、内容はほとんど『表具−和の文化的遺伝子』からの抜粋です。
表具関連の符丁、用語はここに紹介したものの他に、まだまだ多くあります。
もう少し詳しくお知りになりたい方、また表具にご興味のある方は、
『表具−和の文化的遺伝子』をファックスかお電話にて、当社へお申し込み下さい。メールでも結構です。
本書は、まだ多少の在庫がございます。

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行

  用語 読み 解説
ナ行 中縁 ナカベリ、
チュウベリ
@中廻しの別称。
A額装における本紙を取り巻く部位の名称。紙、あるいは裂を用いることが普通。
中廻し ナカマワシ チュウマワシ
魚子 ナナコ 表具用無地裂地の名称の一。この名称はその地肌が、魚子という彫金技法による加飾と似ていることに由来するの。等級として、高価なものから織魚子・節魚子・筋魚子(染魚子)がある。なお、小紋を織り出した利久魚子と呼ぶものもある。ところで、魚子とは本来、屏風の角金具や引手など、錺金具の地彫として施す粟粒状の模様を指す。これは魚の卵に似ていることから付けた名称で、魚魚子(魚々子)・斜子・七七子(七々子)とも書くが、意味合いからは魚魚子あるいは魚子が適切である。しかし、「ななこ」とはもともと魚の子が訛ったことから、表記は魚魚子よりも魚子が適している。
二重折れ釘 ニジュウオレクギ 折釘の先がもう一度手前に曲がっている、鉄製の黒い掛物用金物釘。その形状が雷文に似るところから「雷文釘」ともいい、雷を言い換え「稲妻折釘」ともいう。
二重箱 ニジュウバコ 表具品などの保存性を高めるため、保管箱を内箱と外箱の二重仕様にしたもの。あるいは、この外箱を特に二重箱と呼ぶこともある。いずれも主に、木材でつくられるが、このとき内箱には素木の桐材を用いることが普通。これは樹脂分が少なく、多孔質で吸放湿性に優れた桐のよさを存分に活かすためである。外箱には塵埃などが付きにくくするため、春慶塗や溜塗、あるいは拭漆を施すことが普通であり、素木地のままでは使用しない。なお、充分に吟味されて製された桐の印籠箱と漆塗の外箱の組合せが、保存箱として最も恒温恒湿、すなわち温度・湿度の変化を非常に緩やかに保つ機能を持っているとされる。
日本画額 ニホンガガク 第二次世界大戦後に始まる、洋額の影響を受けて生まれた額の形式。この額形式は次第に日本画だけでなく書や、その他刺繍などの工芸作品の額装にも用いられるようになった。日本画額は欄間額と洋額の折衷様式とも呼べるものであるが、構成は一般に枠・中縁・透明ダストカバー・裏板(バックボード)である。そして、この中縁に裂を貼り、作品小口側には面金などライナーを付けることが普通である。

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行

このページを閉じる